■ 葉月 Tweet_Blog

小さいメイクボックス

小さなメイクボックス バニティケース


一般にメイクボックスを探している方は、大容量を好まれる方が多く、もっと入るものは無いですか?というご質問を頂きます。

しかし、一方「わたしは化粧品と言ってもポーチに入れるぐらいで十分」そういう方もいないはずがありません。
使う化粧品そのモノも数は少ないけれど、慣れたお化粧品をずっと使いたい。と考える方も多いはず。

そういう方は、次々に季節ごとに出る新商品には関心も無く、ただただ自分の肌にあった化粧品が無くなったら買い足す。
その繰り返しなので、そもそも化粧品が増え無いのが特徴です。
そしてとても合理的で無駄の無いやり方だと思います。

そんな方であっても、ポーチに入れて置いたらいいや!とは思うものの、ペンシルやブラシの収納を考えるとポーチの長さがちょっと合わない。
結局、ポーチの中ではモノがゴロゴロしてて、探しにくく出しにくい。
究極に嫌だなぁ~と思うのは、アイシャドウやルースファンデなどは出来たら平たく置きたいのに、ポーチではいつも立っている。

古くなるといつの間にか、ポーチの中で開いている!!
これは困ったものです。

立てて置いておきたいもの。
平らに置いておきたいもの。
重ねておきたいもの。

その形にあった置き方をしたいですよね。

そんな方こそ小さいメイクボックスを探していらっしゃるのではないかと感じます。
小さいメイクボックスと言えば、思い出されるのはバニティケース

小さな化粧入れ。という意味も持つバニティケースは、主に旅行用、移動用としてチャールストン時代の女優、お洒落な婦人達によって、流行を作った歴史があります。

箱型で、ファスナーで開け閉めが出来る。と記述しているものもありますが、それは違います。

形は箱型が多かったでしょうが、ルイヴィトンやグローブトロッターなどでも紹介されているバニティケースは、けっしてファスナーのような、柔らかい素材ではありません。

いずれにしても、旅行用、当時は船旅も多かったと思いますがそのような長い旅に持って出る訳ですから、コンパクトでありながらも型崩れのしない…まさに今でいうメイクボックスの小型版、そのようなイメーシです。

現代に生きるわたくし達ですから、
お化粧品やその周りのアイテムが多い方はプロ用を使われたとしても、量の少ない方は、このまま旅にも出れます的な大きさのバニティケースで保管するのもおススメです。


葉月硝子

キャッシュレス 5%還元 消費者還元事業参加店
クレジットカード決済で5%還元
消費者還元事業参加店


サイズで選ぶ






コンテンツ一覧

今月の休業日
  • 今日
  • 定休日
  • 配送のみ

☆ご注文は24時間、365日受付しております。

商品の発送、メールの返信につきましては土/日/祝日はお休みを頂いております。

店舗情報

有限会社グラスマーブル

兵庫県神戸市灘区篠原南町
7-6-1-805

TEL/FAX 078-801-6507

10:00~17:00 土日祝休




グラスマーブルプラス 葉月のツイートブログ

Gm通信・お知らせブログ

インスタグラム

フェイスブック
LINE@お友達募集中
◆ 詳しくはコチラ⇒


メルマガ



コンビニでお支払できます


偽サイトにご注意ください



SECOND STORE2

QR

ページトップへ